マンション管理の顧問弁護士|新宿・札幌

欠陥マンションにおける瑕疵担保責任の追及について。

D管理組合様のご相談
マンションの躯体部分などに重大な欠陥が見つかったのですが、販売会社、ディベロッパーに責任を追及できないでしょうか?


弁護士からの回答
欠陥部分を調査の上、販売会社、ディベロッパーに対し、裁判外又は裁判において瑕疵担保責任を追及します。 弁護士にマンション管理を委託すれば、外部に法律相談・事件の委任をする必要がありません。また、弁護士にマンション管理を委託していれば、紛争が大きくなる前に早期に法律相談をすることができ(弁護士が先に問題に気付くこともあります。)、早期の相談は、円満解決につながります。これこそが弁護士によるマンション管理の最大のメリットです。

マンション管理 顧問契約について

当事務所では、マンション管理組合からの単発のご相談も承っておりますが、基本的にはマンション管理組合と顧問契約を締結した上でマンション管理業務を行う方法をとっております。

月額顧問料 戸数×500円(消費税別)
※例えば、80戸のマンションであれば500円×80=40,000円(消費税別)となります。

マンション居住者全員で顧問料をシェアすることで、安価に弁護士を利用することができます。

このページの先頭へ