「詐欺」被害のご相談

A様のご相談
先日、息子を名乗る者から自宅に電話があり、「17歳の女の子と関係を持ってしまって、逮捕されるかもしれない。逮捕されたら、新聞に載って、嫁さんに離婚されてしまう。すぐに女の子と示談したいから、今から言う女の子の口座にすぐに100万円を振り込んでくれ。」と言われ、大変なことになってしまったと思い、すぐに100万円を振り込みました。

その後、連絡が全くないことから、不審に思って息子に電話したところ、電話をしたのは息子ではなく、詐欺被害に遭ったことが分かりました。一体、どうしたら良いのでしょうか。


弁護士からの回答
まずは、すぐに110番通報して、警察に被害に遭ったことを届け出てく ださい。
通常の犯罪被害については、弁護士に依頼しなくても、警察に被害 に遭ったことを説明すれば、警察の方で被害届を作成して捜査を開始してく れます。

警察の方で、振込先口座や相手方の電話番号などの情報を元に犯人を割り 出していきますので、振込明細や相手方の電話番号等の情報は、決して無くさず、すぐに警察に届けてください。

電話や手紙、メール、自宅訪問等、その手段を問わず、お金を支払わせよ うとする話は、およそすべて疑わしいものかもしれないとの前提で用心に用 心を重ねることが大切で、自分の判断だけでお金を支払ったり、書類に印鑑を押したりすることは、絶対にしないでください。
ご質問のような電話があった場合には、「電話を掛け直す」と伝えて電話を一旦まず切り、息子さんから直接教えてもらった電話番号や、家族の電話番 号に電話するなどして、本当に息子からの電話だったのかを確認し、少しで も疑わしい事情があれば、お金を支払う前に、必ず、警察か弁護士に相談し てください。

犯人が逮捕された場合には、被害を弁償しなれば、通常は起訴されて裁判 にかけられ、刑務所行きとなる可能性が高いことから、犯人の弁護士から、 被害を弁償したい、示談をお願いしたいとの連絡が入ることがあります。被害弁償を受けたり、示談をすると、犯人は、裁判にかけられずに釈放される こともありますので、慎重な判断が必要です。

警察は、民事不介入と言って、 被害弁償を受けて良いか、示談をして良いか、どのような条件で示談をした ら良いのか等の質問に対してはアドバイスをしにくい立場にありますので、 そのような申し入れがあって判断に迷った場合には、弁護士に相談すること をお勧めします。 最近は、証拠を残さないように、口座振込みではなく、「仲間に渡してくれ」 などと嘘を付いて手渡しで現金を受け取る手口も増えています。領収書をも らえず、振込明細等の証拠が残っていなくても、犯人の逮捕は可能ですので、 諦めずに、警察か弁護士に相談してください。

被害の内容によっては、警察での対応が困難な場合もありますが、弁護士 による解決が可能な場合もありますので、その場合も諦めずに、弁護士に相 談してください。

A様のご相談
私は、貴金属類の卸売業を営んでいます。

先日、知り合いの社長から紹介 された男から、「昔は私も貴金属の卸売業を営んでいたんですよ。今は、道内 各地の展示販売会で貴金属類を売っており、なかなか盛況なんです。今後、 おたくから商品を仕入れたいのですが」と言われ、合計1000万円相当の 商品を卸しました。

ところが、支払期日を過ぎても代金が支払われなかった ことから、確認のために聞いていた携帯電話場号に電話をしたところ、その 番号は既に使われておらず、聞いていた展示販売会場に問い合わせをした結 果、販売会など実施されておらず、詐欺被害に遭ったことが分かりました。

そのため、近くの警察署へ行き、相手の男を捕まえてほしいとお願いしま したが、警察からは、相手の男が騙した内容の証拠もないし、商品を相手に 渡したことが分かる商品受領証等の証拠がないので、詐欺では立件できない、 弁護士に相談して民事でやってもらったらどうか、と言われてしまい、相手の男を捕まえようとしてくれません。どうしたら良いでしょうか。


弁護士からの回答
お尋ねの事案は、明らかに詐欺罪が成立します。

警察には、商取引や金銭 の貸し借り等の金銭トラブルに関する被害相談が、処理し切れないほどに多数寄せられている現状があります。
そのため、警察では、本来は民事事件と して弁護士に依頼するなどして解決すべきであるものの、回収等の解決が困 難であることから警察沙汰にして有利に進めようとする、いわゆる「民事崩れ」の可能性ある相談事案については、刑事事件として捜査を開始すること に慎重な姿勢で臨んでおり、なかなか被害を受け付けてくれないという実態 があります。

詐欺罪は、「最初から騙すつもりはなかった。支払うつもりだったけど、支 払えなくなった、ただの債務不履行だ。」との弁解が出やすく、無罪になりや すい犯罪であるため、検察庁も、起訴に慎重であり、警察としても、不十分 な証拠のまま検察庁に送ることができないため、被害者にとっては、どんな 弁解が出されても有罪が揺るがない明確な物証がない限りは、刑事手続に載 せるハードルが非常に高い犯罪となっています。

そのような場合には、いくら警察に強く捜査をお願いしても、受け付けて くれないか、あるいは受け付けてくれたとしても、「被害者の言い分を裏付け る証拠の確保は困難である」との資料を作成して検察庁に送り、結局、証明 ができないとして不起訴処分に終わってしまうことになりかねません。
言い 方は悪いかもしれませんが、警察は、刑事事件とする証拠を集めることもで きれば、刑事事件としない証拠を集めることもできるわけです。

このような場合には、弁護士が、相手の男から騙された状況について、あなたや紹介者から聴取して陳述書を作成したり、以前に使われていた携帯電 話番号から相手の男の所在を調べて接触し、事後的にでも、騙した言動を認 めてもらうなどして、騙された言動の内容を証拠化し、預金通帳、仕入元帳・ 得意先元帳等の帳簿・伝票類等を整理して報告書化するなどして、商品を渡 したことの証拠を作成するなどして、捜査を先取りして調査して警察の負担 を少しでも軽減する形で、警察に改めて相談すると、警察の対応ががらっと変わることもあります。

それでも対応してもらえない場合には、弁護士から警察に強くお願いして いくことになりますが、そういったやりとりで時間ばかりが経過して解決に 至らない場合には、民事訴訟に切り替えるなど、柔軟な対応が必要になって きますので、警察に対応してもらえない場合には、お早めに弁護士に相談す ることをお勧めします。

詐欺被害のご相談方法・相談料金について

当事務所は、下記3つのご相談方法ををご用意しております。
①当事務所でのご相談
②お電話でのご相談
③出張訪問ご相談



ご相談予約はメールフォームかお電話にて、ご希望のご相談方法でお申し込みください。営業時間は、平日 午前9時~午後18時30分です。
土日のご相談及び平日午後9時までの夜間相談にも気軽に応じます。

相談料金 30分3000円(税込)・1時間5000円(税込)
新宿・札幌 弁護士法人シティ総合法律事務所

このページの先頭へ