「器物損壊」被害のご相談

A様のご相談
自宅マンションの駐輪場に停めていた自転車に乗ろうとしたところ、タイ ヤがパンクしておりました。
不審に思いながらも、自転車屋で修理してもら ったのですが、他の住人数名も同様に、自転車のパンクの被害に遭っていた ことが判明しました。

我が家には、小さな子供もいるので、不審者がマンシ ョンをうろついているかもしれないと思うと、不安でたまりません。

修理費用は800円程度なのですが、このような小さな案件で弁護士に頼むこともできませんし、どうしようかと悩んでおります。


弁護士からの回答
すぐに警察に被害を届け出ることをお勧めします。

また、マンションには 防犯カメラが設置されていることも多いので、管理人に防犯カメラの設置の 有無を尋ねて、もし設置されている場合には、その映像を消去することなく 保存しておいてもらえるよう依頼してください。

被害額が軽微であっても、連続して発生し、住民に恐怖を与えている悪質 事案ですから、器物損壊罪として捜査してくれる可能性が高いです。

器物損壊罪で捜査してもらうためには、被害を届け出るだけでなく、告訴が必要ですが、通常の事件であれば、弁護士に依頼しなくても、直接、お近 くの交番や警察署に行って相談すれば、告訴状は警察の方で作ってもらえま す。

もし犯人が特定された場合には、初犯者であれば、通常は罰金刑が見込ま れます。犯人としては、罰金刑となるのを避けるため、被害額を弁償して示 談したいと望むのが通常で、そのような申し入れがあるかもしれません。
対応に迷った場合には、相談だけでもまったく問題ありませんので、弁護士の 利用をお勧めします。

器物破損被害のご相談方法・相談料金について

当事務所は、下記3つのご相談方法ををご用意しております。
①当事務所でのご相談
②お電話でのご相談
③出張訪問ご相談



ご相談予約はメールフォームかお電話にて、ご希望のご相談方法でお申し込みください。営業時間は、平日 午前9時~午後18時30分です。
土日のご相談及び平日午後9時までの夜間相談にも気軽に応じます。

相談料金 30分3000円(税込)・1時間5000円(税込)
新宿・札幌 弁護士法人シティ総合法律事務所

このページの先頭へ