偽造罪(私文書偽造、公文書偽造、公正証書原本等不実記載)

偽造の目的が罪責を大きく左右します。財産的利得を目的に偽造するケースが多いと思われますが、その場合には原則起訴されます。

初めてかつ単独での犯行ではなく、複数名で組織的・職業的に行われるケースも多く、実際に財産的利得を得ている場合には、その賠償をしないと実刑の可能性も高い犯罪であり、被害弁償が極めて大切です。

刑事事件のご相談方法・相談料金について

当事務所は、下記3つのご相談方法ををご用意しております。
①当事務所でのご相談
②お電話でのご相談
③出張訪問ご相談



ご相談予約はメールフォームかお電話にて、ご希望のご相談方法でお申し込みください。営業時間は、平日 午前9時~午後18時30分です。
土日のご相談及び平日午後9時までの夜間相談にも気軽に応じます。

相談料金 30分3000円(税込)・1時間5000円(税込)
新宿・札幌 弁護士法人シティ総合法律事務所

このページの先頭へ