贈収賄

①職務に関し、②賄賂の授受があったことの立証が必要であるところ、供述しか証拠が存在しないことが多く、捜査機関の描く構図・評価と被疑者の言い分とが真っ向から対立することが多いです。
捜査機関は、金の入りと使途を綿密に捜査してきますので、どのようなことを捜査されるか的確に把握した上で、数少ない物証を合理的に説明できる主張を展開しなければなりません。
素人知識での否認は、自分の首を自分で絞める結果となりますので、専門的なアドバイスを受ける必要性が極めて高いといえます。

犯罪に縁のない方が逮捕されてしまう典型例であり、かつ、捜査機関による連日連夜の取調が続くことになりますので、心理的不安を除去するため、付きっきりでの弁護が求められます。

経済事犯特有の捜査手法を理解していないと、意味ある弁護自体なし得ない、特殊な犯罪類型です。

刑事事件のご相談方法・相談料金について

当事務所は、下記3つのご相談方法ををご用意しております。
①当事務所でのご相談
②お電話でのご相談
③出張訪問ご相談



ご相談予約はメールフォームかお電話にて、ご希望のご相談方法でお申し込みください。営業時間は、平日 午前9時~午後18時30分です。
土日のご相談及び平日午後9時までの夜間相談にも気軽に応じます。

相談料金 30分3000円(税込)・1時間5000円(税込)
新宿・札幌 弁護士法人シティ総合法律事務所

このページの先頭へ