暴行・傷害について

暴行については、初犯の場合には原則罰金刑となります。  

傷害については、事情によりその刑は大きく変わります。
まず、①暴力団員の場合には、よほど軽微な怪我でない限りは原則起訴、②凶器使用の場合には、2週間程度未満の場合には罰金刑で済むこともありますが、それ以上の怪我となると原則起訴、③一般人で凶器使用がない場合には、1か月以内の怪我であれば原則罰金、それ以上の重傷あるいは後遺症を伴うと起訴される場合が多いです。

同種前科がある場合には、凶器使用・暴力団所属の有無にかかわらず原則起訴ですし、実刑となる可能性もあります。

とにかく、被害者は治療費や通院費の支払や休業損害等を余儀なくされていますので、早急にその支払いをしてあげる必要があります。示談できた場合には、罰金刑にもならず、起訴猶予となって前科にならないケースが多いです。

慰謝料の金額は、ある程度の実務上の相場がありますので、詳細はお尋ねください。

刑事事件のご相談方法・相談料金について

当事務所は、下記3つのご相談方法ををご用意しております。
①当事務所でのご相談
②お電話でのご相談
③出張訪問ご相談



ご相談予約はメールフォームかお電話にて、ご希望のご相談方法でお申し込みください。営業時間は、平日 午前9時~午後18時30分です。
土日のご相談及び平日午後9時までの夜間相談にも気軽に応じます。

相談料金 30分3000円(税込)・1時間5000円(税込)
新宿・札幌 弁護士法人シティ総合法律事務所

このページの先頭へ