名誉毀損について

違法性の程度が軽いものから重いものまで多岐にわたる犯罪であるため、違法性の程度が強く、指紋や目撃証言など、その人がやったことについて確たる証拠がない限り、なかなか警察も捜査に乗り出しにくい犯罪です。

また、結果的にそれが虚偽の事実であったなど、人の名誉を傷付けたことが明らかになったとしても、「真実だと信じてやったものであり、かつ、真実と信じたことがやむを得ないものであること」を証明できると無罪となることから、捜査機関が有罪の立証に神経質になる犯罪です。

事実関係に間違いがない場合は、速やかに真摯な謝罪や名誉回復の措置を講じるなどすれば、起訴されずに済むことも多いです。

刑事事件のご相談方法・相談料金について

当事務所は、下記3つのご相談方法ををご用意しております。
①当事務所でのご相談
②お電話でのご相談
③出張訪問ご相談



ご相談予約はメールフォームかお電話にて、ご希望のご相談方法でお申し込みください。営業時間は、平日 午前9時~午後18時30分です。
土日のご相談及び平日午後9時までの夜間相談にも気軽に応じます。

相談料金 30分3000円(税込)・1時間5000円(税込)
新宿・札幌 弁護士法人シティ総合法律事務所

このページの先頭へ