強盗、強盗致傷、強盗殺人について

強盗殺人罪や強盗致死罪、すなわち、金銭が絡んで人を死亡させた場合には、「無期又は死刑」しか法定刑がありません。

無期となれば、少なくとも30年以上は刑を勤めなければなりませんので、極めて重い罪であることが分かります。通り魔的な殺人でも無期懲役とはなかなかならないのに、例えば、闇金から執拗な取り立てを受けて、支払いを免れるために殺害したような場合には、原則無期懲役となってしまうのです。

一般常識からすれば、前者の方が重いと思われるはずですが、金銭に絡んで人が殺されるケースが多いため、予防の観点から、法律はそのように規定しているのです。

強盗殺人や強盗致死は、殺人罪以上に刑が重く、殺人罪同様あるいはそれ以上に、警察は捜査本部を設置し、その威信を懸けて、この上ない厳しい態度で臨んできます。捜査本部の捜査手法は、所轄扱い事件の捜査手法とは全く異質のものであり、状況を適切に判断して対応を誤らないようにする最善の弁護活動が不可欠です。

私は、東京地検時代に、正にこのような本部事件を扱う班に所属し、警視庁捜査一課という正に警察のトップレベルの捜査班と一緒に捜査をし、勉強させてもらいました。その経験を基に、現在置かれた状況について適切にアドバイス致します。

強盗致傷罪は、例えば、コンビニ強盗やいわゆるカツアゲをして、その際に怪我を負わせたような場合に成立する犯罪であり、原則、6年以上の懲役刑となり、初犯であっても執行猶予が付かずに実刑となることが予定されている犯罪です。
強盗殺人罪と同様の趣旨から、予防のため、とても重く規定されているのです。

もっとも、初犯の場合で、実被害が比較的軽微な場合には、きちんと慰謝の措置を講じて示談が成立できれば、情状酌量で刑を半減してもらい、執行猶予となる可能性が充分にあります。

刑事事件のご相談方法・相談料金について

当事務所は、下記3つのご相談方法ををご用意しております。
①当事務所でのご相談
②お電話でのご相談
③出張訪問ご相談



ご相談予約はメールフォームかお電話にて、ご希望のご相談方法でお申し込みください。営業時間は、平日 午前9時~午後18時30分です。
土日のご相談及び平日午後9時までの夜間相談にも気軽に応じます。

相談料金 30分3000円(税込)・1時間5000円(税込)
新宿・札幌 弁護士法人シティ総合法律事務所

このページの先頭へ