公職選挙法違反について

検事、弁護人の双方の立場でこの罪に関わってきましたが、捜査本部が設置されて連日連夜の取調が続く、非常に大変な犯罪です。

罪種によって、罰金・起訴と処分は別れますが、突き上げ捜査により多数の人に捜査が発展していくのが通常であり、事実をきちんと伝える必要があります。

犯罪とは全く縁のない方が逮捕される典型事件であり、留置場の中に居るだけで拘禁反応という精神状態の悪化を招くことがあり、かつ連日連夜の激しい取調べに晒されますので、付きっきりでの充分な弁護活動が不可欠となります。

刑事事件のご相談方法・相談料金について

当事務所は、下記3つのご相談方法ををご用意しております。
①当事務所でのご相談
②お電話でのご相談
③出張訪問ご相談



ご相談予約はメールフォームかお電話にて、ご希望のご相談方法でお申し込みください。営業時間は、平日 午前9時~午後18時30分です。
土日のご相談及び平日午後9時までの夜間相談にも気軽に応じます。

相談料金 30分3000円(税込)・1時間5000円(税込)
新宿・札幌 弁護士法人シティ総合法律事務所

このページの先頭へ