出入国管理及び難民認定法違反について

不法残留(オーバーステイ)と不法入国が典型例です。 既に在留資格がないため、起訴されるされないにかかわらず、終局的には入国管理局に身柄を引き渡され、国外送致となります。

在留資格ある外国人の方の犯罪については、不起訴あるいは起訴猶予で釈放されたとしても、在留資格が取り消されてしまうことが多く、釈放時にそのまま入国管理局に座身柄を引き渡され、そのまま国外送致となるのが原則です。

保釈についても、釈放されると入国管理局は刑事事件の帰趨とは関係なく、既に在留資格がない、あるいはなくなったとして国外送致してしまうのが原則であるため、そもそも裁判所は保釈を認めないのが通常です。

刑事事件のご相談方法・相談料金について

当事務所は、下記3つのご相談方法ををご用意しております。
①当事務所でのご相談
②お電話でのご相談
③出張訪問ご相談



ご相談予約はメールフォームかお電話にて、ご希望のご相談方法でお申し込みください。営業時間は、平日 午前9時~午後18時30分です。
土日のご相談及び平日午後9時までの夜間相談にも気軽に応じます。

相談料金 30分3000円(税込)・1時間5000円(税込)
新宿・札幌 弁護士法人シティ総合法律事務所

このページの先頭へ