暴力行為等処罰に関する法律違反について

凶器を示したり、共同で暴行したり、集団の威力を示すなどして脅したりした場合に成立する犯罪であり、通常の暴行・脅迫罪よりも重く処罰されます。

対処方法は、暴行・脅迫で述べたのと同様ですが、暴力団の場合に適用されることが多く、その場合には原則起訴であり、暴力団からの離脱を信用してもらえないと実刑になるケースもあります。

ちなみに、刑事弁護人から良く便宜上出される破門状程度では、まず信用してもらえませんので、復縁の余地のない、絶縁・除籍等の適切な処置が必要でしょう。

刑事事件のご相談方法・相談料金について

当事務所は、下記3つのご相談方法ををご用意しております。
①当事務所でのご相談
②お電話でのご相談
③出張訪問ご相談



ご相談予約はメールフォームかお電話にて、ご希望のご相談方法でお申し込みください。営業時間は、平日 午前9時~午後18時30分です。
土日のご相談及び平日午後9時までの夜間相談にも気軽に応じます。

相談料金 30分3000円(税込)・1時間5000円(税込)
新宿・札幌 弁護士法人シティ総合法律事務所

このページの先頭へ