シティ総合法律事務所

東京オフィス03-6300-4119

東京オフィス03-6300-4119

札幌オフィス011-222-9485

札幌オフィス011-222-9485

FAQ

2019.12.04FAQ

「器物損壊」被害のご相談に関する「お悩みの声」FAQ01

A.回答
すぐに警察に被害を届け出ることをお勧めします。 また、マンションには 防犯カメラが設置されていることも多いので、管理人に防犯カメラの設置の 有無を尋ねて、もし設置されている場合には、その映像を消去することなく 保存しておいてもらえるよう依頼してください。 被害額が軽微であっても、連続して発生し、住民に恐怖を与えている悪質 事案ですから、器物損壊罪として捜査してくれる可能性が高いです。 器物損壊罪で捜査してもらうためには、被害を届け出るだけでなく、告訴が必要ですが、通常の事件であれば、弁護士に依頼しなくても、直接、お近 くの交番や警察署に行って相談すれば、告訴状は警察の方で作ってもらえま す。 もし犯人が特定された場合には、初犯者であれば、通常は罰金刑が見込ま れます。犯人としては、罰金刑となるのを避けるため、被害額を弁償して示 談したいと望むのが通常で、そのような申し入れがあるかもしれません。 対応に迷った場合には、相談だけでもまったく問題ありませんので、弁護士の 利用をお勧めします。

タグ: