シティ総合法律事務所

東京オフィス03-6300-4119

東京オフィス03-6300-4119

札幌オフィス011-222-9485

札幌オフィス011-222-9485

FAQ

2020.02.06FAQ

裁判をやってお金を回収することはできますか?

A.回答

相手方の住所が不明であっても、裁判を起こして判決をもらうこと自体は可能です。 但し、相手方の所在が分からないと、財産の存在も判明しないことが多く、結局、お金を回収するのは難しくなります。

ですので、相手方の所在を調べることがとても重要です。弁護士に依頼すれば、住民票や戸籍の附票の調査、あるいは車のナンバーから相手方の現住所を追跡することが可能ですし、固定電話や携帯電話の番号が判明していれば、文書照会で相手方の住所のほか料金引落口座も判明する場合がありますので、その口座のお金を差押えることも可能になります。

その口座にお金がない場合には、刑事事件捜査でもよく行う口座の洗い出し作業により、差押え可能な口座を追跡していきます。

名寄帳を見れば、相手方が市内に所有している全不動産が判明しますし、登記簿謄本の共同担保目録を見ればそれ以外の不動産の存在も判明する場合があります。

所在調査や財産調査には他にも様々な手法がありますが、詳細は法律相談の際にお教えします。

財産調査の研修講演も多数担当してきており、以下のような内容を解説していますので、ご参考までに。

債権管理・回収の極意【pdfダウンロード】

タグ: