シティ総合法律事務所

東京オフィス03-6300-4119

東京オフィス03-6300-4119

札幌オフィス011-222-9485

札幌オフィス011-222-9485

お知らせ

2020.07.13お知らせ

AV Maeket(AVマーケット)運営者の逮捕摘発(児童ポルノ所持)


上記のニュースが流れ、購入して、摘発をご心配されている方も多いと思います。当事務所には、既に複数のご相談が寄せられています。

通常は、児童ポルノの所持のみではまず逮捕されないことがほとんどですが、特に遠隔地での立件の場合や、あからさまな証拠隠滅等の悪質な行為を発見した捜査機関が絶対に逮捕に及ばないという保証はなく、万が一の逮捕やこれに伴う報道をご心配される方、あるいは、そのような不誠実な行為を検討して悶々と悩み自責の念を強め続けるよりも、誠意ある対応をして胸を張って生きられるように気持ちを切り替えたい方には、自首をお勧めします。

当事務所では、自動ポルノや児童買春事案を多数扱ってきておりますが、これらの罪で自首(あるいは既に購入の事実が発覚している場合には任意出頭ということになりますが)をされた場合には、逮捕された事実はこれまでにありませんし、不起訴処分や立件されなかったというケースもあります。

今後できることとしては、自首や、これらの犯罪の何が悪いことなのかをきちんと理解し、再犯防止計画を立てること(特に年少者に対する強い性癖をご自覚され、治療をして再犯を防止したいとお考えの方には、専門の医療機関のご紹介も検討させていただきます)、贖罪寄付などがあります。

原則は罰金事案であり、不起訴処分のハードルは決して低くはありませんが、やれる限りのことをアドバイスさせていただきますので、自首や任意出頭などをお考えの方は、お早めにご相談ください。