シティ総合法律事務所

東京オフィス03-6300-4119

東京オフィス03-6300-4119

札幌オフィス011-222-9485

札幌オフィス011-222-9485

FAQ

2020.02.19FAQ

Q4.労働安全衛生法と安全配慮義務違反の関係

労働安全衛生法という法律がありますが、これは安全配慮義務を定めた法律なのでしょうか。先の労働契約法の安全配慮義務や判例が例を挙げている安全配慮義務とはどう違うのでしょうか。
A.回答

労働安全衛生法とは、労働基準法と相まって、労働災害の防止のための危害防止基準の確立、責任体制の明確化及び自主的活動の促進の措置を講ずる等その防止に関する総合的計画的な対策を推進することにより職場における労働者の安全と健康を確保するとともに、快適な職場環境の形成を促進することを目的とした法律です。
 

具体的には、安全衛生管理体制、労働者の危険又は健康障害を防止するための措置(具体的内容は、技術的細部にわたることも多いため、大部分が厚生労働省令に委ねられています。)、機械等並びに危険物及び有害物に関する規制、労働者の就業に当たっての措置、健康の保持増進のための措置などが定められています。

安全配慮義務=使用者が労働者に対し負う義務
労働安全衛生法上の義務=使用者が労働者のために国に対して負う義務

※労働安全衛生法上の義務≠安全配慮義務

もっとも、安全配慮義務の内容は不確定、不明確であり、これを事実上具体化しているのが労働安全衛生法であるため、実質的には労働安全衛生法上の義務≒安全配慮義務となります。ただし、労働安全衛生法上の義務よりも安全配慮義務は広いため、最低限の安全配慮義務が労働安全衛生法上の義務ということになります。

※労働安全衛生法違反≠安全配慮義務違反  

もっとも、安全配慮義務の内容を事実上具体化しているのが労働安全衛生法であ るため、労働安全衛生法違反≒安全配慮義務違反となります。  

少々分かりにくいですが、両者は別物ですが重なり合っているため、まずはより明確な規定である労働安全衛生法及び厚生労働省の省令を遵守することが重要です。

タグ: